• HOME
  • ARTICLES
  • FASHION
  • 【2018】30代メンズの鉄板アイテム”サックスブルーシャツ”の春夏コーデ特集

【2018】30代メンズの鉄板アイテム”サックスブルーシャツ”の春夏コーデ特集

   

「あったかいけど、何か一枚羽織って出かけたいなあ」なんていう日和が続く今日この頃。"一枚羽織る"シャツとして、30代メンズコーデの鉄板、サックスブルーシャツはもう用意しているでしょうか?今回は、どんなコーデにも合わせやすいサックスブルーシャツの春夏コーデを海外スナップよりご紹介します。

  
サックスブルーのシャツとブルーのショートパンツとオニツカタイガーのスニーカーを履いて街を歩く男性
FASHION

メンズコーデの鉄板、サックスブルーシャツ

サックスブルーシャツといえばメンズコーデの鉄板アイテム。ビジネスにおいても欧米では白シャツよりもメジャーとも言われるサックスブルーシャツですが、カジュアルシーンでも清涼感と清潔感で大人気です。色の濃淡はあれど、基本的に水色に見えるようであればサックスブルー、との認識で大丈夫。

シャツの素材を説明していたら長くなってしまうため今回は割愛しますが、
ブロードシャツ=ツヤがあってキレイめに見える素材のシャツ
オックスフォードシャツ=ザラザラしたカジュアル感の強い素材のシャツ
ダンガリーシャツ=デニム”っぽい”ザラザラした薄手の素材のシャツ
シャンブレーシャツ=ダンガリーと似ている、細かい霜降りのようにも見える淡い色のシャツ
リネンシャツ=麻を使った、柔らかい質感の涼しげな素材のシャツ

この辺りの違いだけ押さえておけば大丈夫です。

サックスブルーシャツコーデ8選

ブロードシャツ×スラックス×白スニーカー


出典元:lookastic.com

スラックス、レザークラッチでキレイめ要素を多めにしつつも、白スニーカーでカジュアルダウンしたコーデ。ポイントはベルトをしないということ。

シャツをタックインするとベルト部分が露わになりますが、ベルトをしないことでこなれ感を出したちょっと上級なテクです。

オックスフォードシャツ×ブルーデニム×白スニーカー


出典元:lookastic.com

Wittyでも以前ご紹介したDaniel Foxのコーデ。淡いトーンで全身を統一した、春夏にピッタリの爽やかコーデですね。アイテム自体はどれも基本的なアイテムですが、トーンを統一するだけでお洒落上級者感が出ます。

ポイントは肩に背負いこんだ茶色のボストンバッグ。ダークトーンで引き締めているのですが、茶色の方が黒よりもトーンに落差が出ないため合わせやすいです。

関連記事:

シャンブレーシャツ×チノパン×ローファー


出典元:lookastic.com

ドイツ生まれのモデル、現在では世界中からプライベートファッションを注目されているヨハネス・ヒューブルのお手本コーデ。

使用アイテムはたったの3つですが、リラックスしたサイズ感に加えてシャツのラフな袖捲りパンツの裾捲りで絶妙なこなれ感が。シャツのボタンを3つ開けるのは真似しなくても良いと思いますが…笑

スポンサーリンク

シャンブレーシャツ×デニム×レザーシューズ


出典元:lookastic.com

デニムonデニムではなく、シャンブレーシャツにして変化をつけたコーデ。トーンは同じですが、素材感の違いで野暮ったく見えないようにしています。

デニムの裾を捲っていますが、今回はレザーのデザートブーツとソックスを見せています。春夏に応用する場合にはローカットの革靴で靴下を履かないようにすると良さそうですね。

オックスフォードシャツ×黒テーパード×白スニーカー


出典元:lookastic.com

一番最初にご紹介したコーデと似ていますが、こちらはシャツの裾は外に出し、サイズ感も少しゆるめです。

こちらの方がキレイめに見える理由は、シャツの袖とパンツの裾を捲っていないから。スニーカーもレザーアッパーのテニスシューズでボリューム感をプラス。

シャンブレーシャツ×チェックショーツ


出典元:lookastic.com

シャンブレーシャツと膝上丈ショーツで夏の装い。足元はブラウンのローファーかデッキシューズあたりでしょうか。

シャツ×ショーツの組み合わせの場合には、足元はハイカットスニーカーを避ける方が〇。キレイめを意識して、たとえスニーカーだったとしても白のローカットスニーカーなどにしましょう。

オックスフォードシャツ×ネイビーショーツ×デッキシューズ


出典元:lookastic.com

フレッドペリーのシャツに無地のショーツを合わせたシンプルコーデ。やはり夏にはデッキシューズがハマりますね。

無地シャツ×無地ショーツの場合は、衣服に情報が少ないため子供っぽくなりがち。よって、スニーカーではなくデッキシューズやレザーシューズを合わせて大人ポイントを作りましょう。

オックスフォードシャツ×白ショーツ×スウェードローファー


出典元:lookastic.com

白ショーツが夏に映えそうなリゾート風コーデ。ラルフローレンのシャツをタックインしてベルトをポイントに。ローファーはスウェード生地の方がこなれ感が出ます。

また、実はこのショーツは裾を一回だけ折り返しているのがわかりますか?このさりげないひと手間がさらなるこなれ感を演出しています。

鉄板アイテムは取りこぼしなく使っていこう!

白シャツと並ぶ鉄板アイテムのサックスブルーシャツ。デニムやオックスフォード、リネンなど、素材の違いはあれど“薄い青のシャツ”であればどんな素材でも使いやすいです。

サックスブルーは暖かくなるこれからの季節に最も映える色。もしも持っていないのなら、みんなが持っている鉄板アイテムだからといって避けていないで一枚は用意しましょう。

スポンサーリンク

Witty 編集部

Witty編集部公式アカウント。 守備範囲は広いが、正ポジションは音楽ネタについて。 2018年もBlack Musicがトレンド間違いないです。

プロフィール

RELATED