• HOME
  • ARTICLES
  • LIFE
  • 話題沸騰中のイニエスタも!海外著名人プロデュースのワイン5選

話題沸騰中のイニエスタも!海外著名人プロデュースのワイン5選

   

突然Jリーグの神戸ヴィッセルへ加入合意という噂が流れた、スペインの至宝MFイニエスタ。彼もそうですが、著名人の中にはワイン好きが高じて"ワイナリー"を作り、販売してしまう人がいます。今回は、そんな飲み会で話題の種にもなりそうなワインをご紹介します。

  
ワインで乾杯する4人
LIFE

著名人とワイン

著名人とワインは切っても切り離せないもの。人気番組『芸能人格付けチェック』でGACKTが高級ワインを当てるなんてのも見慣れた風景ですよね。他にもX JAPANのYOSHIKIや元SMAPの稲垣吾郎など、ワイン好きと言えば日本の芸能界だけでもたくさんの著名人が挙がります。

しかし、やはり海外はスケールが一回り違います。ワイン好きどころか、なんとワイナリー(ワイン畑)を自分で作ってしまう人たちまで。今回は、そんなワイン好きにもほどがある海外著名人が作った渾身のワインをご紹介します。

アンドレス・イニエスタ(サッカースペイン代表・バルセロナ)


出典元:soccer-king.jp

2018年5月8日に突如として舞い込んだ大ニュース。「スペイン一部リーグ・バルセロナを退団するイニエスタの移籍先最有力候補はJリーグ・ヴィッセル神戸

実際にはまだどこのクラブとも契約を結んでいないので確定ではありませんが、世界最高の選手であるリオネル・メッシが「全てのプレーを簡単に難なく見せることができる選手」と評するほどの天才を日本で見られる日が来るのも近いかもしれません。

ちなみに、移籍するとなると神戸での年俸は32億円とも予想されています。もしも32億円(2500万ユーロ弱)の年俸になれば、世界最高選手の一人クリスティアーノ・ロナウドの2100万ユーロを上回ることになり、サッカー界で4番目に高い年俸をもらう選手になります…。

さて、そんな天才イニエスタも“ボデガ・イニエスタ”というワイナリーを自分で作ってしまうほどのワイン好き。スペイン『マルカ』紙に「アジア市場への本格進出のために中国移籍を目論んでいるのではないか」と報道されていましたが、既に日本ではワイン好きには割と知られた存在

Bodega Iniesta / ボデガ・イニエスタ


出典元:bodegainiesta.es

ボデガ・イニエスタはイニエスタ家の40年来の悲願を叶え、2010年にワイン販売を開始したブランド。

元々スペインは地域に多少違いはあれどブドウ栽培に適した気候ですが、その中でもワイン生産認定地域として最大の広さを誇る“ラ・マンチャ地方”天然肥料のみを使用して栽培されているのがボデガ・イニエスタです。

日本でもバーや洒落たレストランで取り扱っていることがありますが、『コラソン・ロコ ブランコ』という白ワインが実は女性にとても人気。その人気の理由は、なんといってもボトルに施されたロマンチックなギミックです。

ボトル表面、ハートが型抜きされた部分を覗くと、そこには「LA PASSION VA POR DENTRO=情熱を内に秘めて」の文字が。この可愛らしいデザインのボトルが女性に非常に喜ばれています。実際に飲むときには、キンキンに冷やしてカルパッチョなどのサッパリした食事に合わせるのが良いそうですよ。

Bodega Iniesta / コラソン・ロコ ブランコ 750ml ¥1,512-

ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー(ハリウッドスター)

出典元:gossipnet.seesaa.net

言わずと知れたハリウッド最強カップル”だった”二人。2005年の大ヒットハリウッド映画『Mr.&Mrs. スミス』での共演を機に、しばらく長い間パートナー状態を続けた二人でしたが、最終的に正式な結婚期間2年、パートナー期間11年で“ブランジェリーナ”は終わりを告げました。

Chateau Miraval / シャトー・ミラヴァル


出典元:winegrocery.com

2008年、ブランジェリーナは南仏プロヴァンスのコラン村にある14世紀から続く古城、ミラヴァルを別荘として推定約70億円で購入しました。ミラヴァルは実際には500ヘクタールもの広大な土地を有し、昼夜の寒暖差を利用したブドウ栽培にも適した土地です。

そんなミラヴァルにあるワイン畑を使い、ビジネスパートナーにワイン造りで名高いペラン・ファミリーを迎えて生み出されたのがシャトー・ミラヴァル。ロゼワインは「世界一のロゼ」とも称され、欧米を中心に大ヒットしました。

前述の通りブランジェリーナは破局し、ミラヴァルも売却するとの報道がありましたが、現在でも変わらずシャトー・ミラヴァルは購入することができます。

Chateau Miraval / ジョリー・ピット&ペラン コート・ド・プロヴァンス・ロゼ 750ml ¥3,484-

ドリュー・バリモア(ハリウッドスター)


出典元:harpersbazaar.jp

1982年の『E.T.』で天才子役として注目されて以来、一度はハリウッドによくある“転落”を経験しましたが、20代半ばからは『チャーリーズ・エンジェル』シリーズや『50回目のファーストキス』などの大ヒット作に恵まれ、再び女優として成功の道を歩んでいます。

スポンサーリンク

ハリウッド女優としてだけでなく実業家としての側面も持ち、ワイン製造の“Barrymore Wines”もその実業の一つです。

Barrymore Wines / バリモア・ワイン


出典元:udiga.com

カリフォルニア州モントレーにて栽培されるワイン、バリモア・ワイン。ドリュー・バリモアは現在ワイナリーを所有しているわけではありませんが、Carmel Roadというワインブランドと一緒にワイン製造をしています。現在Amazonや楽天を含め、日本ではなかなか入手が難しいようです。どうしても飲みたい場合には、アメリカに行くか公式HPから購入するしかなさそうですね。

Barrymore Wines / PINOT GRIGIO $22.00

フランシス・フォード・コッポラ(映画監督)


出典元:cinefil.tokyo

『ゴッド・ファーザー』シリーズや『地獄の黙示録』など多数の名作を監督してきた、20世紀を代表する映画監督。娘のソフィア・コッポラも映画監督として活躍し、ニコラス・ケイジを甥に持つという芸能一家の主です。

1972年の『ゴッドファーザー』での成功後、1975年から“ニバウム・コッポラ・ワイナリー”と名付けられたワイナリーを購入してワイン作りを始め、2006年からは新たなライン、“フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリー”もオープン、ワイン製造に携わり続けています。

Francis Ford Coppola Winery / フランシス・フォード・コッポラ ワイナリー


出典元:millefiorifavoriti.blogspot.jp

ニバウム・コッポラ・ワイナリー(後にルビコン・ワイナリー)ではヴィンテージワインの“ルビコン”がヒットしましたが、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーではそれらよりも安価なラインのワインを販売。

クオリティは落とさず、幅広い人たちが楽しめるように改良したワインの中には、愛娘であるソフィア・コッポラの結婚祝いに送った“ソフィア”というシリーズがあります。アルコールが強すぎず、飲み口も優しめなワインは女性にもとても人気のワイン。結婚祝いでなくても、女性への気の利いたプレゼントになります。

Francis Coppola / ソフィア・ブリュット・ロゼ 750ml ¥3,974-

スティング(ミュージシャン)


出典元:nme-jp.com

1977年結成のロックバンドPOLICE時代から第一線を走り続けるStingもワイナリー経営者。ソロ時代の有名曲はShape of My HeartEnglishman in New York、POLICE時代はEvery Breath You Takeなどがあります。

“Shape~”は1994年の大ヒット映画『LEON』の主題歌として有名であり、”Englishman~”は多数のアーティストにカバーされ、”Every~”は1990年代のNYで名を馳せたラッパーThe Notorious B.I.Gに捧げられた追悼曲I’ll Be Missing Youにサンプリングとして使われるなど、古くから世間はもちろん、音楽界へも影響を与え続けています。

Il Palagio / イル・パラジオ

現在スティングが所有する“Il Palagio”というイタリア・トスカーナのワイナリーは、1500年代中盤から存在するもの。17世紀後半にマルテッリ家が買い上げ、そこから拡大していきます。スティングは1990年代初頭に購入し、オーガニックな栽培方法にこだわったブドウ栽培を続けています。

ブラピ&アンジーと同様ワインの専門家をアドバイザーに迎え、数々の高評価なワインを作り続けています。現在日本のオンラインショップでは残念ながらIl Palagioは手に入らないため、日本のバーで偶然の出会いを待つか海外のオンラインショップから購入してください。

Il Palagio / Sister Moon 750ml £216

話題の種にしてみては?

今回ご紹介した“著名人が所有するワイナリーとワイン”ですが、全部ご存知だった人は少ないのではないでしょうか。5名ともとても知名度が高いスターのため、そのスターが所有するワイナリーで作られたワインともなると話題性は抜群

ヴィンテージの高級ワインも良いですが、ちょっと珍しい背景のワインを飲みながらそのスターの話に花を咲かせるのも大人ですよね。

スポンサーリンク

Witty 編集部

Witty編集部公式アカウント。 守備範囲は広いが、正ポジションは音楽ネタについて。 2018年もBlack Musicがトレンド間違いないです。

プロフィール

RELATED