暖かい5月のコーデ!30代は何を着るのが正解?

   

すっかり暖かくなり、行楽シーズン真っ只中の5月。どんなアウターを着ようか、それともアウターすら着ないか、ファッション的にもたくさんの選択肢があります。そんなコーデが組みやすい5月だからこそ迷ってしまうのも事実。今回は、30代男性が楽しい5月を快適に過ごせるよう、おすすめコーデをご紹介します。

  
広大な山を見るチェックシャツの男性
FASHION

春、5月のコーデ

どんな季節だっけ?

5月の東京の平均最高気温は20度〜25度。前半にはGWという大きな行楽時期があるシーズンです。まだ梅雨にも入らず、乾いた陽気が続くとても過ごしやすい時期。ファッションでいうと、ちょうど半袖にしようか長袖にしようか迷う時期でしょう。

5月コーデのポイント

「半袖カットソー+ライトアウター+フルレングスボトム」

もしも”正解”という言葉が正しいなら、5月は上のコーデが正解でしょう。アウターは、
・デニムジャケット
・ブルゾン
・テーラードジャケット
・シャツ(コットン、デニム各種)
あたりになりますね。

「半袖でもいけるぜ!!」なんて暑がりの人(私)もいるでしょうが、ファッションは季節感が大切。インナーを半袖にし、薄手のシャツでも良いのでアウターを羽織るようにしましょう。

ちなみに今シーズンは、先日も取り上げた“オープンカラーシャツ”がやはり流行。渋谷や原宿を1日歩くと100人くらいは目にします。オープンカラーシャツもライトアウター扱いでOKのため、いつものシャツをさらっと替えて流行気分を味わうのも良いですね。

関連記事:

5月コーデ【ブルゾン・ジャケット編】

ここからは、暖かい5月のおすすめコーデを【ブルゾン・ジャケット編】【シャツ編】に分けてご紹介します。暑がりの人(私)は【シャツ編】をぜひ参考にしてください。

まずは【ブルゾン・ジャケット編】から!

テーラードジャケット×白カットソー×スラックス×白スニーカー


出典元:lookastic.com

鉄板ジャケパンスタイル。春らしく、白を随所に使った爽やかなコーデです。ポイントはやはりスニーカー。白のローテクスニーカーを持ってくることで、ジャケットとスラックスとのテイストの落差を作り、見事にカジュアルダウンしています。スタンスミスなどでもOKですが、あえてコンバースやVANSの方がキマりすぎず良いかも。

テーラードジャケット×白T×ダメージデニム×白スニーカー


出典元:lookastic.com

こちらも爽やかコーデ。ジャケットとレザーのクラッチがキレイめ要素、他がカジュアル要素で上手にミックスしています。ダメージデニムがかなりカジュアル要素が強いので、テーラードジャケットは光沢があるものは避ける方が良いです。

テーラードジャケット×白T×チノパン


出典元:lookastic.com

やはり白T強し。ジャケット+白Tのコラボにはどんなボトムスでも合うという例です。スニーカーはもちろん白スニーカーでも大丈夫。

デニムジャケット×チノパン×白スニーカー


出典元:lookastic.com

スポンサーリンク

淡いブルーのデニムジャケットが主役のコーデ。Tシャツとスニーカーを白にして軽さを表現しています(やっぱり白T…)。特に古着で買った場合ですが、デニムジャケットは丈が短いことが多いため、インナーの丈が長すぎないように気を付けましょう。

デニムジャケット×ヘンリーネックT×スウェットパンツ


出典元:lookastic.com

まだまだ流行のアスレジャースタイル。スウェットパンツの着こなしが難しく思えますが、ポイントは全体が細身であること、テーパードされていること、この二点です。

MA-1×白T×黒スニーカー


出典元:pinterest.jp

薄手のMA-1を羽織ったスタイル。足元からダークトーンが多いですが、やはり白Tで軽くしています。あとは常々言っている“くるぶし見せ”もポイントですね。

5月コーデ【シャツ編】

続いてシャツ編。長袖シャツを着用する場合、基本的に腕まくりをした方がバランスが良く見えます

チェックシャツ×キャップ×ダメージデニム


出典元:kurumani.com

白Tに何の変哲もないチェックシャツをさらりと羽織ったスタイル。キャップはアリでもナシでも良いです。ダサくなりがちなチェックシャツは、綺麗に着こなそうとすると難しいかも。ボトムスをダメージデニムにすることでこなれ感を出すことができます。

ブルーシャツ×グレーT×カーキテーパードパンツ


出典元:pinterest.jp

NYのカフェ店員風コーデ。こなれた感じはシャツのゆるっとしたサイズ感とテーパードパンツのジャストなサイズ感のおかげです。結果として、黒のコンバースが少し汚れているのが全体のトーンに合致して良い雰囲気になっています。

ウェスタンシャツ×テーパードパンツ×ランニングシューズ


出典元:lookastic.com

カラーバランスがとても良いコーデ。このコーデのようにテーパードがかなり効いたパンツの場合、ローテクスニーカーにすると貧相な雰囲気が出てしまいます。ニューバランスくらいのボリューム感のスニーカーがベストマッチでしょう。

関連記事:

リネンシャツ×ブルーデニム×エスパドリーユ


出典元:vogueword.click

リネン素材のシャツと足元のエスパドリーユのおかげで、少し夏先取り気分のコーデですね。リネンシャツは、タイトなサイズ感を選んでしまうと良さであるリラックス感が出ません。足元もくるぶしを見せましょう。

どんどん暖かくなる最高の季節!

夏に向けてどんどん気温が上がり、イベントも多い5月。バーベキューもあればピクニックもあるでしょう。そんな行楽シーズンを、自分のベストなコーデで楽しめればもっと良いですよね。

ブルゾンを選ぶかシャツを選ぶか好み次第ですが、季節感バッチリのコーデで今年の5月も楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク

Witty 編集部

Witty編集部公式アカウント。 守備範囲は広いが、正ポジションは音楽ネタについて。 2018年もBlack Musicがトレンド間違いないです。

プロフィール

RELATED