脂肌の30代メンズへ捧ぐ!洗顔から直す”脂性肌”の”乾燥肌”

   

「若い時より顔の脂が気になる…。」私です。食生活やスキンケアもいつも通りにしていたつもりが、30代に近づくにつれて気付いたら"脂ギッシュ"に…。しかも"脂性肌の乾燥肌"なんていう矛盾するように聞こえる理由らしいです。なってしまったものはしょうがない、今回は脂性肌を改善するための洗顔料をご紹介します!

  
顔面に赤い絵の具が塗られた男性
BEAUTY

脂性肌の乾燥肌?

乾燥肌のせいで脂っこくなる

脂性肌=肌の皮脂が多いということ。ここまではなんとなくわかりますよね?鼻の頭や額のTゾーンと呼ばれる部分が脂っこくて仕方ないなあという人は、まず自分が脂性肌でないかと疑うでしょう。しかし、実はその脂性肌は乾燥肌のせいかもしれません。

まず基本的かつ重要なこととして、“皮脂は肌を守るために分泌する”ということ。言い換えると、「もしかしていま肌が危ないんじゃないか!」と体が判断したら皮脂が分泌されます。つまり、脂を取り除きすぎたりして、肌が乾燥して内側の水分が足りていない状態だと皮脂が過剰に分泌されます。

脂性肌だと思っている人全員が全員これに当てはまるわけではありませんが、30代をピークに皮脂の分泌が減少していくため、元々が脂性肌であっても乾燥肌になってしまう人も増えてきます。

洗顔で脂性肌を治す

シルバーウォッシュジェルが売れてるらしい



そんな”脂性肌で乾燥肌”を治すために売れているのがこの“シルバーウォッシュジェル”。 既にメンズ化粧品ランキング上位常連のオールインワン化粧品“シルバーエッセンス”の洗顔バージョンです。

結局のところ脂性肌を治すためには“脂を取り除きすぎないこと”“保湿をすること”、そして“肌を刺激しないこと”が大事。どうしてもドラッグストアで売られている洗顔料だと洗浄力が強すぎたり、肌に刺激のある防腐剤が入っていたりするため、実際には洗うたびに肌を傷めつけていることもあるのです。このシルバーウォッシュジェルはそういった問題を排除し、男性の肌を適切な状態にするために開発された洗顔料です。

シルバーウォッシュジェルの3つの魅力

1、洗浄力

一つ目の魅力は洗浄力。ジェルから生まれる泡がその源ですが、ポイントは“皮脂汚れ”を根こそぎ落とすということ。“皮脂”全てを落としてしまうのではなく、最低限必要な皮脂を残してくれることで、肌内部の水分が足りなくなってしまう心配がありません。

スポンサーリンク

ちなみに、シルバーウォッシュジェルで洗顔をすると“メントール入りの洗顔料で洗ったようなアノさっぱり感”は得られません。むしろ、市販の洗顔料を使って得られたそのさっぱり感は乾燥を招く“皮脂取り除き過ぎ”洗顔。肌がツッパる感じを化粧水で抑えるという人もいるでしょうが、そもそも正しい洗顔をすると肌はツッパりませんよ。

2、保湿力

二つ目は保湿力。以前オールインワン化粧品“ZIGEN”のページでも記載した”プラセンタ”の進化版、“スーパープラセンタ”が配合されています。プラセンタは動物の胎盤から抽出されたエキスであり、特徴は化粧品の中でも最高クラスの保湿力。そのプラセンタにさらにアンチエイジングにも効果があるといわれる“サイタイ”というへその緒エキスを配合しています。

3、肌への刺激が少ない

最後は低刺激だということ。肌に刺激のあるパラベンなどの防腐剤は不使用で、その代わりに抗菌・防臭効果のあるシルバーナノコロイドという銀を配合しています。銀が抗菌・防臭に効果があるというのはデオドラントスプレーのAg+なんかで既にご存知ですよね。実店舗で売られていないシルバーウォッシュジェルだからこそ、防腐剤を使用しないことにコストをかけられるわけです。

脂性肌と乾燥肌とはまとめてオサラバ


出典元:hahanoshizuku.jp

脂性肌の方も乾燥肌の方も、もしかすると洗顔料を一つ替えるだけでそれは軽減されるかもしれません。スキンケアには特効薬はありませんが、毎日継続することで効果は現れてきます。化粧水や乳液、美容液など様々なスキンケア用商品はありますが、その中でも洗顔は一番継続しやすいスキンケアですよね。

シルバーウォッシュジェルは¥2,700-(込)でおよそ1ヵ月半の間使うことができるため、1日あたりおよそ60円のコストで済みます。この機会に安価な自己投資をしてみませんか?

スポンサーリンク

Witty 編集部

Witty編集部公式アカウント。 守備範囲は広いが、正ポジションは音楽ネタについて。 2018年もBlack Musicがトレンド間違いないです。

プロフィール

RELATED