• HOME
  • ARTICLES
  • BEAUTY , LIFE
  • 30代、まだまだ老けこむな!普段の生活から”若々しくなる”ことができるたった4つのポイント

30代、まだまだ老けこむな!普段の生活から”若々しくなる”ことができるたった4つのポイント

   

「最近老けた?」なんてよく言われる人。ハイ私です。言われっぱなしで悔しくないですか?人生80年、まだ半分も生きていないのだから、まだまだ若くいたいですよね。今回は若々しくいるために、"オトコ"でいるために、普段の生活から実践できるポイントをご紹介します。

  
トレーニング中のマッチョな男性
BEAUTY

若々しい=男性ホルモンが活発!

そもそも、若々しいとは?

漠然と若々しいなんて言いますが、男性の場合は、若々しい=男性としての魅力が溢れている=男性ホルモンの分泌が活発ということ。実は男性ホルモンにも種類があり、その中でも“テストステロン”という種類の男性ホルモンが若々しさを保つにあたって非常に重要なホルモンです。今回ご紹介するのは、普段の生活で実践できる男性ホルモンの分泌を促す方法。無理していたらストレスが溜まるので、できる範囲で挑戦してみましょう!

若々しくなるとどうなる?

・モテる
・自分に自信が付く

・活力が湧き、毎日がなぜか楽しくなる
・イライラや不安感などのネガティブな感情が減る
・精力が増す

若々しいとはこういうことです。「モテる」だけは今のところ疑問符が付くと思いますが、それ以外はなんとなく納得しませんか?

逆に考えると、自分に自信があってネガティブな発言をしない、活力が満点の人ってモテていませんか?「納得できない」なんて思うのなら、騙されたと思って“男ホル”を活発にしてみましょう。

普段の生活で心掛けるべきこと

いくら若々しくいたいからといって、普段の生活から無理をしなくても大丈夫。9個も10個も毎日気にしながら生活をしていたら、それだけでストレスだと思います。今回は絞りに絞ってたった4つのポイントを作りました。

1、筋トレをすること

まずは筋トレをすること。テストステロンは主に精巣から分泌されるため、特に下半身の筋肉を鍛えるとテストステロンの分泌が促されます。とはいえわざわざジムに行く必要もないので、「歯磨き中は必ずスクワットをする」のように習慣の中に入れ込むと毎日続けられますよ。

また、筋トレが一番活力が湧いてくる感覚を得られやすいです。元気が出るうえに体も男らしくカッコよくなるので、やらない手はないでしょう。

関連記事:

2、良質な睡眠を取ること

テストステロンの分泌が高まるのは、副交感神経が優位のとき。つまり、リラックスしているときに多く分泌されるため、たとえ睡眠時間を伸ばせないとしても良質な睡眠を心掛けましょう。お風呂に浸かったり好きな香りを嗅いだりして眠ると良質な睡眠が取りやすいです。ちなみに、本来は7時間程度寝られればバッチリです。

スポンサーリンク

関連記事:

3、亜鉛を摂取すること

ハタチくらいのときに友達みんなでこぞって“亜鉛”のサプリを買いませんでしたか?当時は単純に精力増強のために遊び半分で買っていたかもしれませんが、男性ホルモンを分泌させるためには本当に必要な成分の一つです。毎日の食事で亜鉛含有量が多い牡蠣豚レバーラム肉を摂取できれば良いのですが、実際問題そこまで気を付けるのは難しいでしょう。

そこで、サプリメントに頼って手軽に摂取してみるのも手です。「サプリなんてどーせ効かないし」なんて思っているとノシーボ効果(逆プラシーボ)がかかって本当に効かなくなってしまいます。高いサプリでも良いですが、毎日飲むことを考えるとコスパが高いサプリが一番良いのではないでしょうか?ちなみに、ガッツリ精力を増強したい方は以下のリンクから相応のサプリが購入できます。

半額!しかも全額返金保証付き!【タクラマカン砂漠人参】

4、女性と会話をすること

最後は女性と会話すること。綺麗だな、と思う女性であればより良いです。アメリカの大学が行った研究結果によると、綺麗な女性とたった5分間会話しただけでテストステロンの分泌が増加したそうです。要はドキドキすれば良いので、話したこともない綺麗な女性に話しかけるなんてのはベストですね。ドキドキを忘れたら老化が進む、というのもあながち嘘ではないのです。

関連記事:

Witty

いつまでも若々しく。諦めるな!

20代以上に30代は老けた老けてないの差がつく年代。同窓会に行ったときに「変わんないな」と言われるのと「おまえ老けたな」と言われるのはどちらが嬉しいでしょうか?”変わんない”人は年齢が若い時よりも生活を少なからず変えているはずです。

いつまでも若々しく魅力的な男性でいるために、毎日少しずつでも努力してみませんか?

スポンサーリンク

Witty 編集部

Witty編集部公式アカウント。 守備範囲は広いが、正ポジションは音楽ネタについて。 2018年もBlack Musicがトレンド間違いないです。

プロフィール

RELATED