• HOME
  • ARTICLES
  • FASHION
  • 失敗したくない!オーダーシャツを”無難にカッコよく”作るためのたった3つのポイント

失敗したくない!オーダーシャツを”無難にカッコよく”作るためのたった3つのポイント

   

オトコの勝負服、スーツ。もちろん中に着こんだシャツも勝負服です。スーツを脱いだときにセクシーに見えるかそうでないかは、シャツのサイズ感がとても大事。体型にピッタリ合ったシャツだと魅力度倍増です。今回はオーダーシャツ作りで無難にカッコよく見えるようにするたった3つのポイントをご紹介します。

  
シャツにネクタイを締めてジャケットを手に持つ男性
FASHION

オーダーシャツを作る3つのメリット

1、本当に欲しいデザインや素材を選べる

「素材はいいんだけど、襟の形がちょっと…」のように、既製品では妥協していた部分をオーダーシャツでは解消できます。デザインといっても一からオーダーしなければいけないわけではなく、ある程度のパターンが決まっている中で組み合わせることもできるため、デザインセンスに自信が無くても大丈夫。

2、自分の体にジャストフィットする

オーダーシャツを作るメリットであり、理由にもなっている部分。シャツは自分の体型にピッタリ合っていると、そうでない場合よりも何倍も魅力的に見えます。既製品の場合は万人に合うように作られているため、ある程度はフィットしてもジャストフィットすることは滅多にありません。腕周りが大きいと新人のように見えて信頼が得られず、袖が短いと貧乏な印象を与えてしまいます。

3、気合が入る

メンタル的な部分ですが、外からシャツをぱっと見て「オーダーシャツを着ていますね」なんて言う人はまずいません。オーダーシャツを作るのは“自己満足”の領域。よって、絶対に失敗できない商談時やデートの時など、気合を入れるときのモチベーションアップのアイテムに使うことができます。

無難にキマるオーダーシャツを作るポイントとは?

オーダーシャツは自由度がメリットとはいえ、逆にその自由度がハードルになってしまっている可能性も。オーダーシャツを作る理由として、単純に“サイズがピッタリ合ったシャツ”が欲しいという人も多いはず。

そこで、今回は“これさえ押さえれば無難にカッコいいシャツができる”という、たった3つのポイントをご紹介します。

襟は”ホリゾンタルカラー”


出典元:tatsumi-order.com

現在、ビジネスシャツをお洒落に着こなす人たちの中でレギュラーカラーを選ぶ人は本当に少ないです。横に開きの大きいホリゾンタルカラーを選ぶことで、首元が詰まっている印象を与えにくく、スマートな印象を与えてくれます。ホリゾンタルカラーを着用する場合、ネクタイの結び目を少し大きめにすると尚良し。

色は”ライトブルー”→”ホワイト”


出典元:gloryguy.jp

色はホワイトも定番ですが、実は海外ではライトブルーが本当の定番。青は「知的・誠実さ」などを表す色のため、ビジネスシーンで良い印象を与えるために効果的な色です。ピンクやイエローといった色は、ライトブルーとホワイトを3枚ずつ揃えた後に選んだ方が良いでしょう。

柄は”無地”がベスト


出典元:azabutailor.com

スポンサーリンク

画像のようなギンガムチェックやストライプなど、柄物を選ぶとネクタイとの合わせが少し面倒。サイズさえ合っていれば本当にかっこよく見えるのがオーダーシャツなので、柄は無地でも全く問題ありません。ちなみに、高級なシャツに胸ポケットはありません。胸ポケットの有無を選べる場合は“無し”を選ぶとさらにワンランク上になりますよ。

オーダーシャツを作ることができるブランド5選

ここからは、実際にお店で採寸してオーダーシャツを作ることのできるブランドをご紹介します。一枚7,000~12,000円程度からになりますが、高い値段を出して自分に合わせて作ったシャツは、自然と大事にしてしまうもの。結果的にはコスパが良いと言えるでしょう。

ちなみに、オーダーシャツには3つのタイプがあります。
・パターンオーダー(セミオーダー)
・イージーオーダー
・フルオーダー
パターンオーダーは体を既成の型に合わせ、そこから袖などのディテールを合わせていくもの。そこから下にいくにつれて、所謂オーダーメイドのイメージに近くなり、どんどん高価になります。

azabu tailor -パターンオーダー (納期:約4週間、1着:¥7,560-~)


出典元:azabutailor.com

オーダースーツといえば麻布テーラー、というほどの知名度を誇る。安価な割りに体型に合わせた5つのボディスタイルを選べるため、スーツはもちろんオーダーシャツの評価も高いです。関東や関西に実店舗が多数あるのも嬉しいですね。

Fabric Tokyo -イージーオーダー (納期:約4週間、1着:¥7,800-~)


出典元:yuichiro-mori.com

2012年設立の新興ブランド。BtoB寄りでスタイリッシュなHPです。”アパレル業界をテクノロジーによって現代社会に最適化する”というミッションそのままに、一度採寸をしたらそのデータを基にオンラインで購入することができるシステムを導入しています。

HANABISHI -イージーオーダー (納期:約3、4週間、1着:¥7,560-~)


出典元:hanabishi-housei.co.jp

創業から今年で83年、ずっと100%国内自社縫製を貫くMADE IN JAPANメーカーです。関西にはお店が無いため注意。

Global Style -パターンオーダー (納期:スタイルにより異なる、1着:¥11,880-~)


出典元:process5.com

創業80年の老舗生地問屋による直営ブランド。定期的にオーダースーツ・シャツが安くなるフェアを開催しています。お直しが3ヵ月間タダなのも嬉しい。

メーカーズシャツ鎌倉 -パターンオーダー (納期:約1ヵ月、1着:¥12,960-~)


出典元:shirt.co.jp

「正しいビジネスシーンの着こなしをお手伝いする」というモットーで経営。今回ご紹介したブランドの中では最も高価ですが、その分芯地や生地に非常にこだわりがあり、オーダーシャツの中でも上質なシャツを手に入れることができます。

オーダーシャツで自分の魅力を引き出そう

サイズがピッタリと合ったシャツに一度袖を通すと、既製品を二度と着られないほどの満足感が得られるはず。そしてそんなシャツを着ているあなたを見る視線も、今までとはまた違ったものになっているでしょう。

サイズの合わない3000円のシャツを2枚買うのではなく、ピッタリサイズの合ったオーダーシャツを1枚買う、そうして自分の魅力をもっと引き出してみませんか?

スポンサーリンク

Witty 編集部

Witty編集部公式アカウント。 守備範囲は広いが、正ポジションは音楽ネタについて。 2018年もBlack Musicがトレンド間違いないです。

プロフィール

RELATED