• HOME
  • ARTICLES
  • FASHION
  • 【2018・コーデ】春は黄色でしょ!30代メンズが春カラーを初めて取り入れるなら…

【2018・コーデ】春は黄色でしょ!30代メンズが春カラーを初めて取り入れるなら…

   

気付いたら服は無彩色ばかり…確かに間違いないコーデですが、彩りが足りませんよね。差し色を使うなら季節感のある春の黄色が最も簡単。今回はハードルが高く思えるイエローのアイテムを取り入れるための"注意点"と"コーデの実例"をご紹介します。「似合わない」なんてことはありませんよ。

  
FASHION

春色コーデ=黄色コーデ

今年も春がやってきます。誰もが認める出会いの季節、冬のままのコーデはやめて、春らしいコーデに替えてみましょう。春はなんといっても“黄色=イエロー”が映える時期。

とはいえ普段トーン暗めの服ばかり着ていたようなら、急に明るい差し色を取り入れるのも難しいですよね。今回は30代男性が初めて差し色にイエローを取り入れるなら、という観点で注意点実例コーデを挙げていきます。

注意点

最も春らしい色ともいえるイエローですが、着こなしに取り入れるにあたってはいくつかの注意点があります。気にせずに使ってしまうとチグハグなおじさんに見えてしまいます…

色のトーン

まずはじめに気を付ける点として、原色を使わないこと。マウンテンパーカーなどに使われるヴィヴィッドなイエローもかわいいのですが、初心者が取り入れるにはインパクトが強すぎて、服があなたを着ているような印象を与えてしまいます。

取り入れるなら、“マスタードイエロー”“ベージュ”など、トーンを抑えたイエロー系のカラーを使いましょう。

アイテム別面積

基本の考え方として、イエローを取り入れるなら取り入れる面積が小さいほどヴィヴィッドめなカラーを、大きいほどベージュに近いトーン抑えめカラーを選ぶように考えると〇。具体的にはアウターでイエローを取り入れるのならベージュ系を、帽子やバッグで取り入れるのならヴィヴィッドに近いイエローを選ぶと失敗しにくいです。

イエロー活用コーデ

ここからはイエローを取り入れたコーデを面積の大小別でご紹介します。シンプルなコーデが多いので、困ったらそのまま真似しても決まりますよ。

面積・大

デニム × ボルドースニーカー


出典元:pinterest.jp

マスタードカラーのニットをシンプルにデニムで合わせたコーデ。リジッドデニムとマスタードカラーは相性抜群なので、ニットを一枚で着る際には色の濃いデニムで合わせるとすんなりハマります。

ライダースジャケット × ダメージデニム


出典元:lookastic.com

ダメージデニムを黒のシングルライダースジャケットで締めたコーデ。ライダースに限らず、黒のジャケットを着るときには先ほどとは逆に、淡い色のデニムを使った方が全体が暗くなりすぎません。今回はイエローのブーツですが、白スニーカーでも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事:

黒スキニー × ブラウンブーツ


出典元:pinterest.jp

黒スキニーとブーツのみで最小限のアイテム数で組んだV字ラインコーデ。大き目ニットは基本的に一枚で着ることになるので、なるべくトーン抑えめにしましょう。

面積・小

マスタードイエロー × ニットキャップ


出典元:pinterest.jp

ローテクスニーカーを使ったコーデでも登場した彼。全身モノトーンにマスタードイエローの差し色はかなりやりやすいです。スニーカーとキャップのカラーを逆転しても成立します。

イエローベルト × ネイビースラックス


出典元:pinterest.jp

イエローと相性抜群のネイビーを使ったコーデ。ベルトに一点だけイエローを使うのはかなり効果的。トップスはこのようなボーダーニットでも良いですが、もっと簡単に合わせるならグレーニットなんかはいかがでしょうか。

イエロークラッチバッグ × デニム


出典元:pinterest.jp

上下ネイビーで統一してクラッチバッグで色を差した例。こちらのコーデではニットのプリントの黄色を拾った形ですが、ネイビー無地でも問題ありません。

意外と似合うから大丈夫

普段使う色は黒・白・グレー・ネイビーなどの無彩色が多いと思うので、急にイエローを取り入れるのはハードルが高く思うでしょう。「いきなり黄色とかキャラ違うよなあ…」なんて思うのが普通ですが、一回着てしまえば意外と似合うもの。似合わないのではなく、慣れていないだけです。

今年の春は少しだけチャレンジしてみましょう。春がさらに色付きますよ。

スポンサーリンク

Witty 編集部

Witty編集部公式アカウント。 守備範囲は広いが、正ポジションは音楽ネタについて。 2018年もBlack Musicがトレンド間違いないです。

プロフィール

RELATED