• HOME
  • ARTICLES
  • FASHION
  • さあ2018年、アウター、どうする?30代メンズが着こなす冬の大本命アウター3アイテム

さあ2018年、アウター、どうする?30代メンズが着こなす冬の大本命アウター3アイテム

   

30代メンズの皆さん、今年のアウターはどうします?寒い日が続いているから、とりあえずいつものダウンジャケットで。。。なんてちょっと退屈ですよね。アウターは冬のあなたの"顔"となるもの。大本命アウターを使ったコーデをおさえて、冬もおしゃれを楽しみましょう。今回は、アウター3アイテムとそれを使ったコーデ16選をご紹介していきます。

  
FASHION

30代メンズの大本命アウター

冬のアウター、何着持っていますか?ダウンジャケット一着だと寒波は乗り切れますが、おしゃれの波には乗りきれません。(ダウンジャケットの事は好きです、、、
30代メンズともなれば、一着のアウターを着倒すよりもいくつかのアウターで毎日新鮮なコーデを楽しみたいもの。着回し力抜群で今すぐ使える大本命アウターは3アイテム。
・チェスターコート
・ピーコート
・ライダースジャケット
アウターはとりあえずこの3アイテムを持っていれば、冬もおしゃれに乗り切ることができます。

チェスターコート


出典元:zozo.jp

チェスターコートとは、膝上丈のスーツに似た形状のアウターのこと。フォーマルやビジネスでよく使われるコートですが、最近は崩してストリートに馴染むようなコーデをする人が増えてきています。元々が綺麗目の使われ方をしていたため、30代メンズのファーストチョイスになりそう。チェスターコート選びで気を付けることは、なんといっても身幅のサイズ感。大き目のサイズを選んでしまうと、途端にシルエットが崩れてしまいます。しっかり試着をして、ジャストサイズでの着こなしを心掛けましょう。

キャメルチェスターコート×黒ニット×ブラックデニム


出典元:chictopia.com

チェスターコート以外を全てブラックにしても決まります。インナーとデニム、ブーツまでをブラックで統一することで、大人な印象を与えるのと同時に体型をすっきりと見せることができます。

キャメルチェスターコート×ネイビーニット×ネイビースニーカー


出典元:pinterest.jp

キャメルのチェスターコートを中心に、他はダークトーンでまとめた一例。キャメルカラーと相性抜群のネイビーをインナーに持ってきて、足元は同色のスニーカーで統一感を持たせながらハズしています。このコーデのように襟を立てて、さらに上からマフラーをゆるっと巻くと今時冬コーデもできそうですね。

グレーチェスターコート×黒ニット×白スニーカー


出典元:pinterest.jp

モノトーンでまとめた好例。写真の男性のように、ガッチリした男性の方でもチェスターコートは似合います。ちょっと暖かい日なら黒スキニーの裾を2回折って軽さを出して。

グレンチェックチェスターコート×デニム


出典元:pinterest.jp

女性の間では、グレンチェックのワイドパンツ・スカート・ワンピースなど今かなり旬な柄として注目を浴びていますが、メンズファッションにもグレンチェックは是非取り入れて欲しいですね。普段柄物はあまり着ないという男性の方でも、グレンチェックならシンプルで落ち着いた柄なので無地の洋服を着ることが多い方にはぴったりなアイテムですよ。コートのように面積を大きく取るアイテムで柄物を使う場合には、他のアイテムをなるべくシンプルに。

キャメルチェスターコート×スーツ


出典元:pinterest.jp

もちろん、スーツスタイルにもバッチリ合います。仕事終わりに遊びに出かけるときには、ちょっと襟を立ててラフに見せるのもアリですね。

ネイビーチェスターコート×スーツ


出典元:pinterest.jp

ネイビーのチェスターコートとスーツを合わせるときには、スーツの色をちょっと明るめに。スーツにチェスターコートを合わせるときにはネクタイもポイントになるので、コートに合う色をチョイスしてみてください。

ピーコート


出典元:zozo.jp

ピーコートとは、前開けがダブル仕様で、厚手の生地で出来た腰丈のコートのこと。元々は軍服として使われていましたが、最近ではメンズの定番アウターの一つになっています。その定番具合から、コーデによっては“子どもっぽく”見られることが本当に多いアイテム。上手に着こなしてアウターの一軍選手にしましょう。ピーコートは「羽織ればオッケー」となりがちのため、合わせるアイテムも一緒にチェックして買ってしまうのがおすすめです。

ネイビーピーコート×白タートルニット×ブルーデニム


出典元:pinterest.jp

スポンサーリンク

子供っぽくなってしまいがちなピーコートを、タートルニットを使って上手に大人メンズコーデに昇華しています。ポイントはブルーデニム。色の濃いデニムを選ぶと無難な印象を与えることになるので、こなれ感を出したいなら色の抜けたブルーデニムを。

ネイビーピーコート×ボーダーニット×ブラウンブーツ


出典元:pinterest.jp

ネイビーのピーコートと色の濃いデニムを合わせるときには、インナーを少し工夫してみては?このコーデのように淡い色のニットと薄い色のダンガリーシャツをレイヤードして軽さを出すことで、単調になりすぎないコーデが出来上がります。足元はブラウンのレザーブーツで少し大人に。

ブラックピーコート×ブラックデニム


出典元:pinterest.jp

かなり大人感を強調するなら、いっそオールブラックもアリ。代わりにデニムを合わせてしまうとおしゃれに気を遣っていない感が漂ってきてしまうので、振り切るときは思い切って全部黒にしてしまいましょう。

ネイビーピーコート×白ニット×ダメージデニム


出典元:pinterest.jp

ダメージデニムを合わせると途端にワイルドに。インナーにホワイトを入れることで清潔感をプラス。足元のブーツも、コーデを崩しすぎない要素の一つになっています。

キャメルピーコート×デニムジャケット×黒ブーツ


出典元:pinterest.jp

秋冬で大活躍したデニムジャケットをインナーに仕込むのも〇。ブラックのサイドゴアブーツを履いて少しだけロックな気分になれます。

ライダースジャケット


出典元:TIME AFTER TIME

ライダースジャケットとは、その名の通りバイクなどのライダーたちが着用するジャケットのこと。ミュージシャンが多数着用しているため、ワイルドなイメージを与えるアイテムだと思います。全身をレザーで固めないでコーデをし、控えめに男らしさを出すにはピッタリのアウターです。ライダースジャケットを選ぶときの注意点は、着丈の長さ。もともと短い着丈のものが多いのですが、腰のベルトが全部見えてしまうレベルの短さはコーデに活かしづらいので避けましょう。また、生地が薄いこともあって寒いので、インナーにヒートテックなどを着込んでしっかり防寒対策をしましょう。

ダブルライダース×スキニーデニム×ブラックブーツ


出典元:chictopia.com

レザージャケットと最も相性の良いスキニーデニムを使ったコーデ。ロックな印象を与えやすいアイテムばかりなので、インナーにはグレーニットで少し中和してみると良いでしょう。

ダブルライダース×黒ニット×カラースニーカー


出典元:pinterest.jp

黒のライダースをカラースニーカーでハズしたコーデ。「いきなりカラースニーカーは、、、」なんて人は白スニーカーで無難に決めるのもアリ。

ダブルライダース×カーキニット×カーキブーツ


出典元:pinteret.jp

ライダースジャケット以外はアースカラーで統一。カーキのブーツではなく、ブラウンのブーツでも大丈夫です。

シングルライダース×黒ニット×黒ウールパンツ


出典元:pinterst.jp

シングルライダースを使うとダブルよりもすっきりとした印象。オールブラックのコーデもシングルライダースとウールパンツのおかげで決めすぎにならないです。

シングルライダース×グレーニット×ブラウンブーツ


出典元:pinterst.jp

インナーとパンツを濃いグレーにすると、程よいワイルド感を印象付けることができます。足元はスウェード素材のブーツで少しだけ柔らかさを出すと〇ですよ。

自慢のアウターを一つは持とう!

アウターを“防寒のための上着”として着てしまうとおしゃれ度が半減してしまうもの。大本命アウターとコーデを参考に、今年の冬はおしゃれを格上げしちゃいましょう。

スポンサーリンク

Konami.S

東京の下町で生まれ育ち、27年間ファッションが大好きでずっと来ました。 趣味は絵と写真。もちろん洋服も。 好きなものは、コンビナートのような景色です。いつか...

プロフィール

RELATED