最短で細マッチョになるには?2018年は効果的な筋トレでモテる体を作ろう!

   

いよいよ2018年が始まりました。「今年こそは細マッチョになる」という目標を掲げている人も多いのではないでしょうか?毎年夏前に焦って、気付いたら年輪のように脂肪が増えていってしまう人も多いはず。実は、正しいやり方で筋トレを続けていれば細マッチョになることは意外と簡単。この記事を読むと、みんなが憧れる細マッチョになる方法が身に付きます。

  
ジムで筋トレする腹筋が割れたマッチョな30代男性
LIFE

女性が一番好きな体型は細マッチョがダントツ!

薄々感づいている方も多いと思いますが、女性が最も魅力に感じる体型は細マッチョがダントツ。それもそのはず、本能的に強い男性に惹かれるのは人間として当然のことです。
“筋肉がある=強い=遺伝子的に良い”と女性が視覚を通して本能で判断するため、筋肉があってマイナスになることはありません。
実際に1000人以上の女性に取ったアンケートでも、細マッチョがダントツで人気を集めています。

1110人の女性へアンケート

回答結果:
・細マッチョ……51.9%(577人)
・普通……20.3%(226人)
・マッチョ……10.6%(118人)
・スリム……9.2%(103人)
・ぽっちゃり……5.6%(63人)
・太っている……1.6%(18人)
・ガリガリ……0.4%(5人)

※有効回答者数:1,110人
※集計期間:2015年5月2日〜2015年5月5日
出典元:ren-ai.jp

細マッチョは2位に2倍以上の差を付けて独走。データは少し前のものですが、先述のように女性が”マッチョ”好きなのは本能的なもの。細マッチョになれたら、時代に左右されずこれから先もずっと魅了することができます。
そして筋肉を付けると女性にモテることはもちろん、同性にも一目置かれる存在になれます。街を歩いていてスーツがやたらと似合う人、Tシャツ一枚なのに妙にかっこいい人を見たことはありませんか?細いだけ、体が大きいだけではシンプルな服装は似合いません。適度な筋肉が付いているので体にメリハリができ、同性から見ても格好良く見えるのです。

そもそも細マッチョってどんな感じ?

細マッチョと呼ばれている人を研究してみると、“細マッチョ=大胸筋と腹筋にしっかり筋肉が付いてはいるが、ゴリゴリに体が大きすぎない”体型のこと。この定義で言うと、大胸筋をピクピク動かせるレベルは細マッチョではなくマッチョ、痩せているため皮下脂肪が少なく腹筋が割れているように見えるレベルはスリムということになりそうです。百聞は一見に如かず、実際に細マッチョと呼ばれている有名人を見てみましょう。


ジャスティン・ビーバー


クリスティアーノ・ロナウド


ザック・エフロン


中田英寿


ブラッド・ピット

最短で細マッチョになるには?

最短で細マッチョになるために必要なことは大きく分けて二つ。“食生活の改善”“パーツを絞った筋トレ”
また、筋トレをしていて一番多いことが”筋トレを続けられなくなる”こと。原因としては無理な食事制限を行っていて途中で限界が来ることや、様々な部位を鍛えようとし過ぎて力が分散することで筋肉が付いている実感が湧かず、諦めてしまうことが挙げられます。
最短とはいえ、無理のない範囲で筋トレを続けられるようにポイントを絞ってご紹介します。

細マッチョになるための食生活

細マッチョになるために気を付けることは3つ。

スポンサーリンク

・生野菜の食べる量を増やすこと(消化を助ける、カサ増し)
・炭水化物の食べる量を減らすこと(脂肪の元を減らす)
・野菜→汁物→肉、魚→炭水化物という順番で食べるように気を付けること(血糖値を下げ、脂肪の吸収を抑える)
出典元:mens-quest.com

色々なサイトを見ていると非常に詳しく書いていますが、書いている全てをこなそうとしてしまうと絶対に途中で限界が来ます。まずは上記に挙げた3つのポイントを意識してみるだけで十分。その代わり、必ず継続して実践すること。一日や二日実践しただけでは絶対に効果は出ません。また、毎日三食全てを制限してしまうとストレスになってしまうものです。たまには息抜きをしても問題ないので、しっかり継続できるような環境を自分で作りましょう。

スクワット・下半身

スクワットで鍛えられる筋肉は大まかにいうと太もも、お尻、体幹。実は筋トレの鉄則として、筋肉量が多い箇所をしっかり鍛えるべきというものがあります。筋肉が多ければ多いほど動かすために使う消費エネルギーは大きい、というのはなんとなくおわかりですよね?スクワットを行うことで全身の筋肉の約70%を鍛えることができるため、全身の筋肉量をアップさせる=消費エネルギーアップ=基礎代謝アップに繋がります。
「スクワットってしゃがんで立つだけでしょ?」と思っている方も多いですが、きちんとしたフォームで行えば意外とキツいもの。下の動画を見ながら正しいフォームで実践すれば、ケガをせず、適切に筋肉量を増やすことができます。
ちなみに、画像や文章でフォームを学ぼうとすると間違いが起きやすいです。筋トレのフォームを学ぶときには、ここに限らず動画を見て自分が正しいフォームで実践できているのかどうかを確かめましょう。

腕立て伏せ・大胸筋

腕立て伏せで鍛えられる筋肉は大胸筋や腕周り。大胸筋も体の中では大きな筋肉と言えるため、基礎代謝のアップを狙えます。下の動画でも解説されていますが、大事なことは“ゆっくり深く”行うこと。手を置く幅によって鍛えられる箇所も変わってきますが、まずはスタンダードなものをしっかりマスターしましょう。

クランチ・腹筋

細マッチョの代名詞といえば、引き締まって6つに割れた腹筋。人の腹筋の形は誰しもが6つに割れているので、それが痩せて浮いて見えるのか盛り上がって浮いて見えるのかのどちらかです。皮下脂肪を落としながら筋肉量を増やしていくことが理想のため、スクワットと腕立て伏せで基礎代謝を上げて脂肪を落としつつ、クランチで腹筋の筋肉量を増やしましょう。
「クランチ」は基本的な腹筋の仕方ですが、意外と正しいフォームを知らない方が多いです。間違ったフォームだと腰を痛めることが多い筋トレなので、動画でしっかりと勉強してください。

2018年は細マッチョになって羨望の的になろう!

細マッチョになると周りからの見る目が変わります。筋肉が付くことによって、見た目はもちろんのこと、自分に自信が付いてきます。これは実際に筋肉を付けたことがある人にしかわからないことですが、本当に人生が変わるレベルで自分を取り巻く環境が変わってきます。
筋トレをしている人が一番ぶつかることの多い壁は、継続できないこと。どうしても筋トレの効果が目に見えてくるのは最短でも1ヵ月~3ヵ月かかってくるので、「全然効果出ないじゃん」とあきらめる人が本当に多いです。人は物事を3週間続けると習慣化する生き物。
細マッチョへの第一歩として、まずは騙されたと思って3週間だけ実践してみませんか?

スポンサーリンク

Witty 編集部

Witty編集部公式アカウント。 守備範囲は広いが、正ポジションは音楽ネタについて。 2018年もBlack Musicがトレンド間違いないです。

プロフィール

RELATED